银铝

镜面铝银浆

HOME > 会社案内 > 沿革

银铝

昭和32年

愛知電機株式会社の関係会社として、資本金400万円をもって名古屋市に設立。
愛知製缶株式会社と称す。

昭和36年

愛知県春日井市に新工場建設移転。

昭和38年

愛知金属工業株式会社と改称。
鉄塔工場建設
電力用鉄塔・鉄構、金物類の製造販売を開始。
給湯および暖房用温水ボイラーの製造開始。

昭和39年

資本金を1億2,000万円に増資。
中部電力株式会社の関係会社となる。

昭和50年

鉄塔現寸設計の電算化を開始。

昭和56年 鋼管鉄塔専用工場増設

平成元年

鉄塔現寸設計のCAD化を開始。

平成3年

温水ボイラー、大型電気温水器専用工場建設

平成4年

鉄塔高上げ工法(TLU)特許取得 (特許番号1735138号)

平成14年

ISO9001 認証取得
2脚1/2面包み込み鉄塔高上げ工法特許取得 (特許番号3335323号)
鉄塔の中継式高上げ工法(TPU)特許取得 (特許番号3345386号)

平成21年

太陽光発電架台の製造・販売を開始。 太陽光発電パネル支持柱意匠登録
(意匠番号:第1368510号)

平成22年

形鋼全自動加工システムを導入。

平成26年

3次元CAD現寸システムを導入。

平成29年

会社創立60周年

ページの先頭へ